マーケティングは販売を不要にする #Drucker #fb

ngd3 / Pixabay

実のところ、販売とマーケティングは逆である。同じ意味でないことはもちろん、補い合う部分さえない。
もちろん何らかの販売は必要である。だが、マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。
マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

Indeed, selling and marketing are antithetical rather than synonymous or even complementary.There will always, one can assume, be need for some selling.But the aim of marketing is to know and understand the customer so well that the product or servise fits him and sells itself.

 

[英和対訳]決定版 ドラッカー名言集

※アフェリエイトではないので安心してクリックしてくださいね

私がセミナーで多用している言葉はここからです。

Webマーケッターの中にはマーケティング=セールスとしていますが、本来はマーケティングとセールスは異なるものです。

また、タイトル「マーケティングは販売を不要にする」を知っていても、原文を知らなかったり…

タイトルだけをかいつまむより前後の文章を英文から理解した方がいいですね。

”selling and marketing are antithetical”で否定するだけではなく、さらに” rather than synonymous or even complementary”と念押しをしている。

顧客理解はとても大切、顧客理解をしていないがため、経営者は売上「だけ」に目がいってしまうのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。